当サイトについて

合併症の症状、治療、予防法や改善方法まで、
合併症の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。


続きを読む →

3大合併症とは

糖尿病の怖さは合併症にある…といわれます。病院で糖尿病だと診断されても、初期には自覚症状はあまりありません。ところが放置している と、数年から10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こします。その代表が、3大合併症です。
糖尿病の若年化につれ、合併症の発症も早まりつつあります。もし糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくても油断せずに、しっかり血糖値のコントロールを心がけましょう。

糖尿病の主な合併症

糖尿病性神経障害 高血糖の状態が続くと、手足の血行が悪くなり、神経障害が起こります。しびれや感覚のにぶりなどに始まり、悪化すると壊疽(えそ)を起こし、下肢切断の危険も生じます。
糖尿病性網膜症 血行障害から眼底の血管がつまり、視力の低下から、悪化すると失明状態にいたります。中途失明の原因の第1位は、糖尿病によるものです。
糖尿病性腎症 高血糖のために腎臓のフィルターがつまり、血液のろ過がうまくできなくなり、悪化すると人工透析が必要となります。糖尿病が原因の人工透析患者は、毎年1万人ものペースで増え続けています。
その他の合併症 血管系(動脈硬化による心筋梗塞、脳卒中など)
呼吸器系(肺炎、肺結核など)
泌尿器系(インポテンツ、排尿障害、膀胱炎など)
また、糖尿病の人は高血圧や脂質異常症を併発しやすいので注意が必要。

 

出典:オムロン